リスクヘッジ

FXの世界では、経済状況が悪化すれば、各国の通貨が買いやすい価格で購入できます。
そのためFXでは、比較的経済状況が悪い時期が好機ととらえる傾向があります。

とはいっても、景気の悪い時期にはそれだけリスクも発生します。
株とは違って、銘柄そのものが潰れるというありません。
しかし、リーマンショックのように、大手金融会社が破綻するなどという事もありえるのです。

このようなリスクも含めて、不況時のFXは普段以上にリスク管理が大切になってきます。
そんなリスク管理において、リスクを極力減らすための方法を「リスクヘッジ」と呼びます。

また、FX用語にも「ヘッジ」という言葉があります。
このれも同じような意味ですから、意味の同じFX用語はできるだけセットで覚えておくといいでしょう。

さて、話をリスクヘッジに戻しますが、これこそがFXにおける最も重要な事項と言えます。
損切りをする際に使う言葉の「ロスカット」もリスクヘッジ中の一つであり、最も有効なリスクヘッジと言えます。

つまり、リスクヘッジとは、損をしないための方法ではなく、損を最小限に抑えるための方法のことを言うのです。

例えば、あまり欲張らずに買い控えるというのも、一つのリスクヘッジです。
また、分散投資や注文の工夫で、大きく儲けるよりも堅実に、という姿勢をとるのも、立派なリスクヘッジです。

景気の変動に関わらず、まずリスクヘッジをしっかり一通り頭に入れることが、FXを行う上で大変重要なことだと言えます。

ただ、色々な方法があるので、最初は混乱するかもしれません。
しかし、これらを軽視するといくら最初は好調でも、必ず後で大きな損失を招いてしまいます。
そうならないためにも、保険をかける意味で「リスクヘッジ」をしっかり把握しておきましょう。


【初心者に人気なFX会社ベスト3】
クリック証券  
▼クリック証券FX ドル円0.8銭という低スプレッドを原則固定で実現!ポンド円2.8銭、ユーロ円1.8銭!今なら最大1万円のキャッシュバックキャンペーン実施中! >>詳細はこちら
外為オンライン  
▼外為オンライン 少額5千円からFXが始められる!年間取引高日本一!レバレッジ200倍、コスト1銭~で大人気!今なら全員にお得な5000円プレゼント。 >>詳細はこちら
マネーパートナーズ  
▼マネーパートナーズ 業界屈指の処理能力を誇る安定した取引システムは、体感する価値あり!プロ顔負けの高機能ツール「HYPER SPEED」は特にお薦め。 >>詳細はこちら