シグナル

FXで利益を得るには、為替市場の動きを常にチェックすることが重要です。
あまり変動の少ない金利差による収益を考えても、金利差での収益が、価格変動による値動きの幅を超える事はまずないからです。

つまり、収益を得るためには、どのような通貨ペアであっても、その価格の動きをしっかり予測しておかないといけないわけです。

FX用語には、そんなFXにおける為替市場の変動を把握するための言葉がかなりあります。
例えば、「シグナル」もその一つです。
実際には「買いシグナル」、「売りシグナル」という風に用いるのがFX用語では一般的です。

具体的には、市場に売りが多い状況で、もう直ぐ値が上昇するというときに使われるのが買いシグナル。
逆に、市場に買いが多い状況で使われるのが売りシグナルです。

つまり、買いシグナルはその為替の買い時、売りシグナルは売り時を示すサインを指し示しています。

そのサインを見つけるには、一般的に相対力指数と呼ばれるものを使います。
これはRSIとも略されます。
これはテクニカル指標の一つです。

求めるには、過去の一定の期間における上げ幅合計を、同期間の上げ幅合計と下げ幅合計を足した数字で割り、100をかけます。
そしてこの数値の単位は%です。
つまり、上げ幅合計÷(上げ幅合計+下げ幅合計)×100=数値(%)が相対力指数ということです。

これによって、上昇分の割合がわかり、これが高ければ高いほど、上昇率が高いという事になります。

この値が70%を超えると上昇しすぎで、買われすぎとなり、売りシグナルになります。
逆に30%を下回ると下落しすぎで、売られすぎとなり、買いシグナルという事になります。


【初心者に人気なFX会社ベスト3】
クリック証券  
▼クリック証券FX ドル円0.8銭という低スプレッドを原則固定で実現!ポンド円2.8銭、ユーロ円1.8銭!今なら最大1万円のキャッシュバックキャンペーン実施中! >>詳細はこちら
外為オンライン  
▼外為オンライン 少額5千円からFXが始められる!年間取引高日本一!レバレッジ200倍、コスト1銭~で大人気!今なら全員にお得な5000円プレゼント。 >>詳細はこちら
マネーパートナーズ  
▼マネーパートナーズ 業界屈指の処理能力を誇る安定した取引システムは、体感する価値あり!プロ顔負けの高機能ツール「HYPER SPEED」は特にお薦め。 >>詳細はこちら