OCO注文

一口に注文と言っても、FX用語の中には様々な注文方法があります。
その中の一つにOCO注文があります。


正式には「One Cancels the Order」といい、OCOはその略です。
Canselsというのは、キャンセル(取り消し)の事。
Orderはオーダー(注文)という意味です。

使い方としては、二つの指値注文を出して、どちらか一方の条件で約定したときには、もう一方の注文が自動的にキャンセルされる、という方法の注文です。
少しやり方がわかり難いかも知れないので、OCO注文の具体的な例をあげます。

例えば、現在1ドル=92円50銭の為替相場で、10万ドルを所有しているとします。
しかし、この10万ドルは、先日92円80銭で購入したものです。
つまり、現時点では、現在の為替相場と購入時の相場の差額30銭が1ドル当たりの含み損になっているわけです。
なので総額で3万円の含み損が存在しているわけです。

なので、さすがに5万円以上は損したくない、とあなたが考えているとしましょう。
当然そうなれば、ロスカットライン1ドル50銭の含み損が発生する92円30銭になります。
ということで、ロスカットラインで売り注文を出しておけば、最悪でもその額での取引が可能となります。

ただし、そのロスカットラインだけで売り注文を出している弊害が発生します。
例えば上記の例の場合に、仮に一度93円まで上昇、その後また下落して92円30銭になった場合です。

この場合には、確実に利益確定ができる機会があったにも関わらず、会社の勤務時間帯などで対応できなかったため、結果5万円の損が発生するということになります。
こんなときに役立つのが、OCO注文なのです。

OCO注文ならロスカットラインの92円30銭で売るという注文と、利益を確定できる93円で売るという注文を同時に出すことができるのです。
そして、この内1つの注文は、どちらかが約定したら、キャンセルされます。

なので、もしも一度93円に上がってその後下がったとしても、93円で約定され、利益を確保できるわけです。
つまり、「損切り」と「利食い」の両方が同時にできるわけなのです。

昼間はサラリーマンで仕事、夜に取引といったような市場を常時監視できない人達にとって非常に便利な注文方法です。
また、他にもいくつか注文の種類はあるので、FX用語集やFXの紹介サイトなどで調べてみてもいいでしょう。


【初心者に人気なFX会社ベスト3】
クリック証券  
▼クリック証券FX ドル円0.8銭という低スプレッドを原則固定で実現!ポンド円2.8銭、ユーロ円1.8銭!今なら最大1万円のキャッシュバックキャンペーン実施中! >>詳細はこちら
外為オンライン  
▼外為オンライン 少額5千円からFXが始められる!年間取引高日本一!レバレッジ200倍、コスト1銭~で大人気!今なら全員にお得な5000円プレゼント。 >>詳細はこちら
マネーパートナーズ  
▼マネーパートナーズ 業界屈指の処理能力を誇る安定した取引システムは、体感する価値あり!プロ顔負けの高機能ツール「HYPER SPEED」は特にお薦め。 >>詳細はこちら