IFD注文

FX用語を調べればわかりますが、FXには色々な注文方法があります。
そのため、数多くの注文名がFX用語にはあります。


注文方法が多いということは、それだけ様々な戦略を練ることができるということです。
しかし、使いこなせなければ逆に混乱に陥って、損失を招くことにもなりかねません。
けれども、この不況下では、常にリスクの回避や軽減を考えつつ、注文を出す事は当然のことでしょう。
なので、様々な戦略を練ることの出来る注文方法が多いということは、それだけ不況時でも運用しやすいと言えるでしょう。

ここでは、FX用語の一つでもある「IFD注文」について取上げます。

IFD注文のIFDとは「If Done」の略です。
Ifというのは、ご存知でしょうが「もし〜なら」という意味の英単語です。

つまり、この注文は、まず指値注文を出して、もしその指値注文が約定したら、その次の注文が発動する、という形の注文方法です。
例えば次のような場合です。

あなたが、1ドル=92円50銭の相場で、1,000ドルを92,200円で購入しようと考えているとします。
つまりこの場合、1ドル=92円20銭で、1,000ドル分の買い注文を出したいわけです。
普通に指値注文を出していた場合は、実際に92円20銭になったら自動的に購入できます。
ただし、そこまでです。

それがIFD注文の場合、まず、はじめに92円20銭になったら1,000ドル分購入する。
次に、その後92円80銭にドルが上がったら1,000ドル売るというダブルの注文が可能なのです。
これならば、92,200円で1,000ドルを購入した後、為替レートが上がって、92円80銭になった場合に自動的にドルが売られ、92,800円が手元に入るということになります。
これがIFD注文です。

つまり、IFD注文とは「買って売る」という一連の流れを一つの注文でまとめてできるシステムというわけです。
会社勤めなどで日中は注文が出来ない、というサラリーマンなどにはお勧めの注文方法です。


【初心者に人気なFX会社ベスト3】
クリック証券  
▼クリック証券FX ドル円0.8銭という低スプレッドを原則固定で実現!ポンド円2.8銭、ユーロ円1.8銭!今なら最大1万円のキャッシュバックキャンペーン実施中! >>詳細はこちら
外為オンライン  
▼外為オンライン 少額5千円からFXが始められる!年間取引高日本一!レバレッジ200倍、コスト1銭~で大人気!今なら全員にお得な5000円プレゼント。 >>詳細はこちら
マネーパートナーズ  
▼マネーパートナーズ 業界屈指の処理能力を誇る安定した取引システムは、体感する価値あり!プロ顔負けの高機能ツール「HYPER SPEED」は特にお薦め。 >>詳細はこちら