塩漬け

FXにおいて、できれば避けたい状況があります。
その中でも特に、避けたい状況のFX用語を挙げるならば、それは「塩漬け」です。

塩漬けとは、普通は塩に漬けた食品のことを指しています。
しかし、金融業界の場合は違います。

塩漬けというのは、利益が出ていないのに、損失状態の資産を手放す事無く、ずっと所持している状況の事です。
つまり、FX用語での塩漬けは、価格を落とした通貨をずっと所持している状態のことを指しているわけです。

ちなみに、この塩漬けはFX用語だけでなく、他の金融取引でも使われている言葉です。

この塩漬けが何故悪いのか。その要因は二つです。
まず一つ目ですが、塩漬けされると、資金を自由に使えなくなります。

例えば、自由に使える資金が100万円あり、その内80万円をドル購入に当てたとします。
もし、その後にドルの価格が購入時より下がって塩漬けとなった場合は、自由に使える資金は残りの20万円だけになるということになります。
これによって、機会損失の可能性が高くなってしまうかもしれないのです。
そうなると、せっかくの儲かる機会が台無しになってしまうわけです。

また、もう一つの理由は、塩漬けにしていても回復する可能性は薄いということです。
勿論、一度落ちた通貨が数日後、または数ヶ月後に値を上げる可能性もあるわけです。
しかし、逆に下がる可能性もあるわけです。

ということで、下降トレンドの通貨が上昇するのを待つならば、それよりもその通貨に見切りをつけて、別のものを物色した方が効率が良いでしょう。


【初心者に人気なFX会社ベスト3】
クリック証券  
▼クリック証券FX ドル円0.8銭という低スプレッドを原則固定で実現!ポンド円2.8銭、ユーロ円1.8銭!今なら最大1万円のキャッシュバックキャンペーン実施中! >>詳細はこちら
外為オンライン  
▼外為オンライン 少額5千円からFXが始められる!年間取引高日本一!レバレッジ200倍、コスト1銭~で大人気!今なら全員にお得な5000円プレゼント。 >>詳細はこちら
マネーパートナーズ  
▼マネーパートナーズ 業界屈指の処理能力を誇る安定した取引システムは、体感する価値あり!プロ顔負けの高機能ツール「HYPER SPEED」は特にお薦め。 >>詳細はこちら