資金ショート

全ての金融取引において言えることですが、FX取引も必ずしも儲かるという保障はありません。
状況によっては、購入した通貨が値下がりしてしまう事もあります。


そんなときは、いつその通貨を売るかが問題になります。
現在所有している通貨を決済する前の状態で、損失が出ている状況の事を「資金ショート」と呼びます。
例えば、現在時点ではマイナスとなっており、更には取引保証金に対しても、割り込んでしまっている状態です。

こういった「資金ショート」の状況が進行すると、現在の証拠金では足りなくなり、新たな証拠金を追加しなくてはならなくなります。
それをFX用語で「追証」と言います。

この「追証」の流れとしては、まず資金ショート状態に陥り、次に損失が進むと金融会社から、その消費者に向けて連絡が行き、その後追証という流れになります。
この際の連絡の事を、FX用語で「マージンコール」と言います。
流れを総括すると、まず「資金ショート」。
次に「マージンコール」。
そして最後に「追証」となります。

FXでは、資金ショートを全く経験しないという事はありえません。
というのも、何処の通貨であっても、上がる日があれば下がる日もあるからです。

全てが上昇するという事はありえません。
その為、大事なのは、資金ショートになった場合の対処法です。
ここで重要になってくるのが、ロスカットという概念ですね。
このロスカットをどのように設定しているかというのが、非常に重要になってきます。


【初心者に人気なFX会社ベスト3】
クリック証券  
▼クリック証券FX ドル円0.8銭という低スプレッドを原則固定で実現!ポンド円2.8銭、ユーロ円1.8銭!今なら最大1万円のキャッシュバックキャンペーン実施中! >>詳細はこちら
外為オンライン  
▼外為オンライン 少額5千円からFXが始められる!年間取引高日本一!レバレッジ200倍、コスト1銭~で大人気!今なら全員にお得な5000円プレゼント。 >>詳細はこちら
マネーパートナーズ  
▼マネーパートナーズ 業界屈指の処理能力を誇る安定した取引システムは、体感する価値あり!プロ顔負けの高機能ツール「HYPER SPEED」は特にお薦め。 >>詳細はこちら