スプレッド

「スプレッド」という言葉がFX用語にあり、比較的良く使われています。
しかし、このスプレッドというFX用語がわからない為に、FXに対して二の足を踏むという人も結構います。

現在、非常に大きな不況の波が金融市場を襲っています
そんな中、一つのFX用語がわからないだけで、選択肢を狭めているしたら、この不況の中で生き抜くのは非常に厳しいでしょう。
言葉の意味をしっかり把握すれば、決してFXは難しいものではないので、是非検討してみてください。

スプレッドとは、国内株取引などにはない概念です。
なぜなら、発生する市場は海外における市場だからです。

スプレッドとは、簡単に言えば、買値と売値の差額の事です。

例えば、ニュースなどでよく見る「1ドル=92円50銭~55銭」といった表示があります。
「なんで50銭~55銭なんだろう?」と思ったことはないでしょうか?
実は「大体これくらい」という意味の表記ではありません。

というのも、これはもしも、1ドルを円に換えるなら92円50銭が、円を1ドルに換えるなら92円55銭が必要という意味の表記なのです。
そのため各通貨間で、別の通貨に変える際に僅かですが、金額に差が生じてしまうのです。
これをスプレッドと言うのです。

このスプレッドというのは証券会社によって異なり、この差額を手数料として受け取るシステムになっています。
つまり、スプレッドを簡単に言うと手数料のようなものになるのです。

FXでは最近、よく手数料無料、というところが増えています。
しかし、これは完全に無料というわけではありません。

実際には、スプレッドがあるから通常の手数料が無くてもOKというだけのものだったりします。
なので、FXを行う際に各証券会社の条件を見るときに、手数料だけでなく、スプレッドの金額もちゃんと確認しておきましょう。


【初心者に人気なFX会社ベスト3】
クリック証券  
▼クリック証券FX ドル円0.8銭という低スプレッドを原則固定で実現!ポンド円2.8銭、ユーロ円1.8銭!今なら最大1万円のキャッシュバックキャンペーン実施中! >>詳細はこちら
外為オンライン  
▼外為オンライン 少額5千円からFXが始められる!年間取引高日本一!レバレッジ200倍、コスト1銭~で大人気!今なら全員にお得な5000円プレゼント。 >>詳細はこちら
マネーパートナーズ  
▼マネーパートナーズ 業界屈指の処理能力を誇る安定した取引システムは、体感する価値あり!プロ顔負けの高機能ツール「HYPER SPEED」は特にお薦め。 >>詳細はこちら