2WAYプライス

買値と売値の差額を「スプレッド」と言います。
そのことを理解してニュースなどを見てみると、また違った見方ができるかもしれません。

実はスプレッドによるものだったりするという事を知らずに「1ドル=92円50銭~55銭」という表記を見たらどうでしょう。
どうしてこんなに差があるの?と思ってしまうのではないでしょうか。

実際には、50から55銭の間というわけでありません。
これは、ドルを買う場合には1ドル=92円55銭、ドルを売る場合は92円50銭=1ドルという意味の表記なのです。
この表記をFX用語では「2WAYプライス」と呼んでいます。

為替市場の表記は、通常この2WAYプライスで行われています。
そして、この2WAYプライスはそれぞれの表記に関しても、個々の呼び名があります。
左側(92円50銭)はFX用語で「ビットレート」といい買値を示しています。
そして、右側(92円55銭)も同様にFX用語で「アスクレート」と言い、売値を示しています。
このビットレートとアスクレートの差がスプレッドとなります。

この差が大きければ大きいほど、取引の際に取られるお金が多くなります。

実際には、このスプレッドは証券会社によってかなりの差があります。
取引を行う際に、証券会社に対して支払うお金は、手数料+スプレッドです。

一般的にスプレッドの小さい会社は手数料を取る事が多く、逆にスプレッドが大きい会社は手数料無料を謳っているところが多いです。
この手数料とスプレッドはトータルとして考える必要があります。

最近、金融市場は非常に大きな不況に見舞われています。
しかし、それを逆に投資のチャンスという見方をする人が多くいます。
そのため、オンライン取引を中心に、問い合わせが殺到しているというニュースを結構見かけます。
特に、FXは空前のブームになりつつあると言えます。

その中で、新規を増やそうと手数料無料を謳う証券会社が多いですが、手数料だけで判断することがないよう注意しましょう。


【初心者に人気なFX会社ベスト3】
クリック証券  
▼クリック証券FX ドル円0.8銭という低スプレッドを原則固定で実現!ポンド円2.8銭、ユーロ円1.8銭!今なら最大1万円のキャッシュバックキャンペーン実施中! >>詳細はこちら
外為オンライン  
▼外為オンライン 少額5千円からFXが始められる!年間取引高日本一!レバレッジ200倍、コスト1銭~で大人気!今なら全員にお得な5000円プレゼント。 >>詳細はこちら
マネーパートナーズ  
▼マネーパートナーズ 業界屈指の処理能力を誇る安定した取引システムは、体感する価値あり!プロ顔負けの高機能ツール「HYPER SPEED」は特にお薦め。 >>詳細はこちら