オーストラリアドル円

FX用語には、「ニュージーランドドル円」と同じように「オーストラリアドル円」の組み合わせがあります。
一般的にFX用語などに、このようなものは含まれません。


しかし、あまりにも有名な組み合わせになので、FX用語としても扱われているのです。
豪ドル円として表記されたりもします。
意味は見たとおり、オーストラリアドルと円の組み合わせです。

オーストラリアドルは、ニュージーランドドル程ではありませんが、高金利な通貨として広く知られています。
そして、ニュージーランドドルに大きな影響を与える通貨でもあります。
また、資源の市場にも非常に大きな影響を受ける通貨です。

実際に、2008年のオーストラリアドル円がどのような推移を経てきたかを見てみましょう。

年の明けからしばらく上昇を続け、3月になると下降していきます。
しかし、その後は再び上昇に転じ、7月下旬まではずっと右肩上がりの推移をしていました。
この時点までは、非常に好調な推移であったことがわかります。

しかし、7月末には一転して、あっという間に急落しました。
これは、原油下落の影響に加えて、オーストラリア自体の景気後退観測が発表されたためです。

資源の市場である原油価格の影響を受けたところに、自国の景気も悪い、という宣伝がなされたわけです。
このための価格急落は致し方なしといったところです。
また、この影響でニュージーランドドルも同時期に急落しています。
このことは、2カ国間の連動性が、はっきりと現れた推移と言えるでしょう。

そして、問題のリーマンショックですが、その影響は非常に大きかったようです。
9月15日の破綻が決定後に、一気にオーストラリアドル円の下降トレンドも加速します。
一時は100円を超えていたものが、2008年末には50円台まで落ちて、60円前後の推移になってしまいました。

今後この価格で上下していくのか、それとも、再び回復を見せるのか、どちらにしても国内の景気に大きく左右されるでしょう。


【初心者に人気なFX会社ベスト3】
クリック証券  
▼クリック証券FX ドル円0.8銭という低スプレッドを原則固定で実現!ポンド円2.8銭、ユーロ円1.8銭!今なら最大1万円のキャッシュバックキャンペーン実施中! >>詳細はこちら
外為オンライン  
▼外為オンライン 少額5千円からFXが始められる!年間取引高日本一!レバレッジ200倍、コスト1銭~で大人気!今なら全員にお得な5000円プレゼント。 >>詳細はこちら
マネーパートナーズ  
▼マネーパートナーズ 業界屈指の処理能力を誇る安定した取引システムは、体感する価値あり!プロ顔負けの高機能ツール「HYPER SPEED」は特にお薦め。 >>詳細はこちら