FX用語の解説(1)

FXに関する様々な専門用語のことをFX用語と言います。2008年には新たに定着しそうなFX用語が生まれました。

それは、みなさんも耳にしたであろう「リーマンショック」です。

アメリカドルと、わが国日本の円は、世界経済の中心にあると言えます。
この組み合わせが、日本国内におけるFXの中心となっている事は、疑う余地ないでしょう。
FX用語でも、「アメリカドル円」は何も問題なく成立します。

「ニュージーランドドル円」もFX用語として、その内容を是非把握しておくべき組み合わせです。
このFX用語の意味自体は、とても単純です。
そのまま、ニュージーランドドルと円の組み合わせというだけです。

FX用語には、「ニュージーランドドル円」と同じように「オーストラリアドル円」の組み合わせがあります。
一般的にFX用語などに、このようなものは含まれません。

現在、アメリカを始めとする、世界各国の証券市場は大きな不況の波に飲まれています。
もちろん、日本もその例外ではありません。

2008年下半期は、リーマンショックの影響で、世界各国の為替が大きな値崩れを起こしました。
しかし、この状況が全ての投資家にとって、必ずしもマイナスというわけではありません。
逆にこの状況を活かして大きな利益を得た人たちもいるはずです。

リーマンショックによって、アメリカドル(米ドル)の信頼感はかなり揺らいでいます。
そのような崩壊しつつある信頼の中で、多くの世界各国の投資家はアメリカドルをペアに含まない取引を積極的に試みようとしています。

FXは為替不況下では、強い金融投資だと言われています。理由は簡単です。
株の銘柄のように、あっという間に数分の一になったりしないからです。

「先物取引」というFX用語があります。
この言葉はFX用語だけでなく、株取引などでも使われている用語なので、結構知っている方が多いかもしれません。
ただ、言葉として知っていても、実際にこの取引を行ったことのある人は、結構少なかったりします。

FXにおいて、できれば避けたい状況があります。
その中でも特に、避けたい状況のFX用語を挙げるならば、それは「塩漬け」です。

「空売り」という言葉がFX用語にあります。
FXが不況に強いと言われるのは、この空売りが重要な働きを持っているからです。

全ての金融取引において言えることですが、FX取引も必ずしも儲かるという保障はありません。
状況によっては、購入した通貨が値下がりしてしまう事もあります。

FXに限らず、金融市場の取引で最も重要といわれるのは、「ロスカット」をどれだけ精密かつ、正確に、そして迅速、確実、丁寧に行えるかという事に尽きます。
そのため、このロスカットが出来ない人は、あらゆる金融取引に向いていません。

「スプレッド」という言葉がFX用語にあり、比較的良く使われています。
しかし、このスプレッドというFX用語がわからない為に、FXに対して二の足を踏むという人も結構います。

買値と売値の差額を「スプレッド」と言います。
そのことを理解してニュースなどを見てみると、また違った見方ができるかもしれません。


【初心者に人気なFX会社ベスト3】
クリック証券  
▼クリック証券FX ドル円0.8銭という低スプレッドを原則固定で実現!ポンド円2.8銭、ユーロ円1.8銭!今なら最大1万円のキャッシュバックキャンペーン実施中! >>詳細はこちら
外為オンライン  
▼外為オンライン 少額5千円からFXが始められる!年間取引高日本一!レバレッジ200倍、コスト1銭~で大人気!今なら全員にお得な5000円プレゼント。 >>詳細はこちら
マネーパートナーズ  
▼マネーパートナーズ 業界屈指の処理能力を誇る安定した取引システムは、体感する価値あり!プロ顔負けの高機能ツール「HYPER SPEED」は特にお薦め。 >>詳細はこちら

お問い合わせ

このサイトに関するお問い合せ、 相互リンクについては contact☆stateup.com
までお願いします。 ☆マークを@に変更してください。